MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故,肩こりでお悩みの方,頭痛でお悩みの方 > 交通事故のむち打ちで最も多いものは?

交通事故のむち打ちで最も多いものは?

2017.04.26 | Category: 交通事故,肩こりでお悩みの方,頭痛でお悩みの方

こんにちは。

今回は数ある交通事故のむち打ちの中でも最も多いとされる「頚椎捻挫型」についてご説明いたします。

 

前回はむち打ちでも細かく分類されることをご説明しました。

 

その中で頚椎捻挫型は全むち打ち中約70%~80%を占めるといわれています。

 

どんなものかというと、交通事故の衝撃により首が大きく振られ筋肉や靭帯が損傷して発症するむち打ちです。

 

実はこれ、レントゲンでは異常所見はほとんど写りません。

 

つまりどういうことかというと、首の痛みを訴えてもレントゲンで写ってないという理由で診断書に記載されない可能性があります。

 

これは後々の交通事故治療や補償問題にも関わってきますので、レントゲンに写ってなくても、痛みや違和感が少しでもあればちゃんと症状を伝え、診断書に記載していただきましょう。※例「頚椎捻挫」等

 

また、交通事故のおケガは発生直後より、翌日または一週間以内に痛みが出ることがほとんどです。

 

その場合、初診時の診断名以外のところが痛くなったら交通事故から2週間以内でしたら診断書の取り直しが可能ですので、積極的に整形外科の先生にご相談されてください。※注 交通事故から2週間が経過したら診断書の取り直しは厳しくなります。理由は交通事故との因果関係が薄れるからです。

 

六角堂治療院では頚椎捻挫型のむち打ちに対して、患部への直接的な施術はしません。

 

とくに交通事故直後は炎症や熱感も考えられますので場合によってはアイシングしながら、首への負担を結果的に減らせるように患部以外のところまでしっかりと調整し、全体バランスを徹底して作り上げ痛みの早期除去をしていきます。

 

施術内容やむち打ちに関すること、交通事故の補償内容まで少しでも疑問に思うことは遠慮なくご相談ください。

TEL 093-645-6711

 

 

所在地〒806-0021 福岡県北九州市八幡西区黒崎2-7-15 花田ビル1F
電話番号093-645-6711
予約お電話でのご予約が可能です
休診日土曜日の午後
日曜・祝祭日

駐車場のご案内